アクセスカウンタ

<<  2018年11月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
死者との対話(18)向山光昭先生の死と因縁
先生との出会いは昭和40年頃だったろうか。先生が未だ無名の時代だった。先生の学術論文を読んでその斬新さに打たれた。論文は日本語で私には読みやすいものだったが内容は斬新。当時天然物の研究を私はしていたが、天然物(有機化学)の研究が余りにも経験に依存していたのを不満に思っていたころだった時に、先生の論文にであい、化学反応がある程度論理的に予測できると教えていただいた。有機の研究に絶望していた私には光明だった。私はこの光明を学生に教えたいと思った。先生が当時学習院大学で教えておられたのをしった。幸い学... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/28 11:45
ワグナー(2)名歌手Dヴァルターと、ザックスの会話
この曲の題名はニュルンベルグの「名歌手」で、フランケンシュタイン地方の騎士、ヴァルターではない。「名歌手」は「ニュルンベルグの名歌手」で、だから16世紀半ばでの主役は、同職組合の市民、職人、女性、徒弟たち、娘たちである。騎士は娘エヴァに惚れた外部者である。 ワグナー1887年の作。私が最も参考にしたのな1950年テイーレマン指揮のウイン国立歌劇場の公演、普通公演時間は3時間なのに、これは5時間の公演。どこが延長になっているか、わからなかったが、全体の印象で判断すると喜劇的要素が強調されていつよ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/28 06:48
ワグナー(2)名歌手Cザクスとヴァルターの会話
第3幕2場に「名歌手とは何か」を示唆するザックスとヴァルターの会話がある。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/19 10:49
ワグナー(2)名歌手Bザックスとボーグナー
「名歌手」の主役は誰か。このオペラ数回見ているうちにやっとわかった。靴屋の長老のザックスとフランスの騎士ボクナー、せつめいしてみよう。。勿論主役はドイツの職人名歌手だし、それがどんなものかは全体を通じ明らかになるが、前 回と「トリスタン」の話と結びつけて、説明してみよう。 ボーグナーはトリスタン、ザックスはマルケ王である。トリスタンは問題ないとして、マルケ王には問題がありそうだ。若いイゾルデと結婚しようと思うのだから、エヴァに秘かに思いを寄せた。靴屋の老人ザックスをエヴァの候補として選ぶのも... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/17 09:46
ワグナー(2)「名歌手」のA、トリスタンと比べて
この曲には「トリスタン」という言葉がしばしばでる。そこに展開するのは「歌合戦」ではあるが、総じてみると、主役はエヴァであり、騎士であるから、つまり、騎士がトリスタンで、エヴァがイゾルデと感情のためにいなおおうなくえられなくはない。チャンバイの著書を久しぶりにあけてみたらこんな記載があった。 「名歌手」における愛は、人間に強制的に作用して、その人間から自由を奪うものとして経験される。 若い騎士ワルターは愛に服従してその要求うけいれるよう強いられていると感じるために「あなたは婚約しているのですか... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/12 11:26
ワグナー(2)「名歌手」の@・ウイーン国立歌劇場5時間物
「名歌手」本来の名称は「ニュールンベルグのマイスタージンガー」、われわれが耳にするのは普通序曲だけで、15分。それが2010年ウイーン国立歌劇場の演奏で5時間ものとして演奏されたのを有線テレビでみることができた。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/10 10:30
ワグナー(1)「トリスタンとイゾルデ」のE)スカラ座(パトリック・シェロー演出)
スカラでワグナーをやる、ろいうのは事件である。指揮はバレンボイム.脚本はパトリック・シェロー。 期待は勿論あったが、この2007年の公演は見たら大傑作だった。これがスカラでなければ見られないワグナーだった。これはバイロイトではできない、オペラの殿堂ならではの公演だった。   幕開きは大型帆船を船尾から見る普通の情景、しかし船員がでごった返し、その一員がイゾルデ。トリスタンが目立つのは幕が半分すぎたころ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/10 10:27
ワグナー(1)「トリスタンとイゾルデ」の5・バイエルン国立(コンビチニ演出)
コンビチニの名を知っておられようか。オペラに関心を持つなら、是非注意することをお勧めする。私は彼の演出するDVD「魔弾の射手」「ローエングリン」「ドン・カルロ」を持っている。 最近、「トリスタンとイゾルデ」をみて、この演出家の特徴が分かった気になり、彼が大変優れた人だとしった。一見ふざけたような演出だが、実は作品の本質を分かりやすくとりあげているのを今回知った。この作品はしかめ面らしい、とりつきにくい作品だと思っていたが、実は、分りやすく彼が再構成していることを私は知った。 ドイツ語の和訳だ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/11/06 10:37

<<  2018年11月のブログ記事  >> 

トップへ

善本知孝のブログーOpera-Crasy 2018年11月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる