アクセスカウンタ

善本知孝のブログーOpera-Crasy

プロフィール

ブログ名
善本知孝のブログーOpera-Crasy
ブログ紹介
善本知孝のブログです。オペラの話、クラシック音楽だけでなく、木のはなし、きのこの話が話題の中心で、大学教授時代から、今までの生活記録もとりあげています.人生の終わりが近づいているのを感じる昨今、4歳で始まった喘息と付き合いながら長かった83年とくに東大入学以降を音楽とともに振り返ります。話を本当のことにしたかったので実名を書いたものもおおいですが、これは当人の許可を得ず私の判断で行いました。もし誰かを着けた傷つけたらお許し下さい。
オフィシアル ホームページはこちらにあります。
http://tom-yoshimoto.com/index.html

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
1戦後;6・3制教育
1945年8月、日本は英米ソ中国との戦争に負け、全面降伏しました。そしてアメリカを中心とした連合国軍隊が9月早々東京など大都市を占領しました。東京の日比谷にはGHQという「総司令部」(指令長官は米軍のマッカーサー)が置かれ、日本の行政機関は彼らの命令に従って動くことになりました。命令とは敗戦国が有無を言わさず戦勝国に従わさせられることですが、命令にはわれわれの過去の習慣とは大きく違っていることもあり、慣れるまでの約10年は、戦いにも勝る苦痛が多くありました。しかし平和が来たという悦びは日本人にそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/17 14:45
J−Aスタッス林社長との交誼
社長が団地の我が家に度々お見えになるようになったのは知己を得てからそんなに日月をえてからではない。社長の考案されたホーン付きのコンデンサースピーカーシステムの音の良さに私が熱中し、小型の家庭用品の制作をお願いしたからである。数年たって20万円をお支払いしたのを覚えているが。社時長はその音を気に入られ、帰宅時にしばしば、お寄りになり、二人で夕暮れの6畳間で音に耳を傾けた。40男と80男が薄暗い部屋で耳を傾ける。それは十分絵になる。 クラシックだけでなく、林さんが求めたのは私が10枚もコレクトして... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/17 11:27
J−3林スタックス社長(弔辞)
J−3林スタックス社長(弔辞) 対話が成り立つには二人の間に人間的交流が必要です。アーノンクールと私は、告別演奏会のとき、アンコールで私が舞台に近づいたときにだけ、人間的交流があったように、私には思えたので、対話ができたように思えたのですが、それが一方交通だったのは当然で後でしりました。無理に「対話」と名づけたのですが、以後の3つの対話は交流がある、本物の対話です。私が年をとったからこそうまれた「死者との対話」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/14 11:09
J−2 スタックス林社長との交誼
J−2 スタックス林社長との交誼 W 個人的な話  以上はオーディオ入門がらみの話だが、まあ、これからいわば終着点の話、これがオーデオの全てなのだが、私は一人の人間として林尚武社長に会って、尊敬し、おり、思いもかけなかった出来事にもいくつか出会った。全期間を通しての話だが、「本質的に新しいこと」を追求される彼の姿勢に最も敬服したことだ。研究者でさえ、「本質的に新しいことではない事柄」を報告して点数稼ぎをしているのが普通である。私は本質的に新しいことは現実の世界に潜んでいると教えられ、また確信して研究をした。でもそんなものは多... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/14 10:55
J−1クラシック(スタックスオーデイオへの道)
学部の最後の年から育英会の奨学金をもらいましたが、月2千円では小遣い程度です。それが大学院に進むとかなり増額され、少しゆとりが出来たのを幸いに、オーデオ装置を作ってもらいました。院に入った次の年だと思います。大日本塗料(株)の天田さんという、レコード通に常識的なアンプ作成を頼んだのでした。天田さんとの交誼は同じ会社に私の中学の友人西田がいたからで、昭和31年(1956年頃)です。当時シェラックのSPからビニールのLPへと盤が変化し、在来盤の1面5分頑張って30分へと長時間演奏録音が可能になった時... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/14 10:43
(目次)東大での40年
東大での40年 1戦前   子供(1) 小児喘息と転居      (2) 小学生時代     若さ (3) 中学生時代と学徒動員      (4) 中学上級と浪人(酷い喘息) 2 .戦後      (1) 旧制高校と東大の合格       (2) 旧制高校とストーム      (3) 東大受験と合格 3 大学      (5)自我と野球      (6)自我と音楽      (7)クラシック,上下      (8)スタックス・オーデオへの道      (9)スタック... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/11 21:23
爺の女性観(3)旅先の女性
大学院の博士課程から助手にかけて、私はよくを旅をした。その度に女性と知っりあいになった。旅は出会い限られたきかいである。 この頃私は学生を連れて千葉演習林に度々いった。そこで女子職員と会う機会が繰り返しあった。Sさんと言った。鴨川の自宅を訪問したこともあった。そんな縁で東京でもあったような気がする。好意を持ったが、それ以上ではないとおもった。或る日助教授の先生に話かけられた。林長に謂われたが「善本君はSさんに気があるのかね。」先生は「善本君は女の子と仲良くするのが趣味だから、なんということはな... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2019/01/11 18:04

続きを見る

トップへ

月別リンク

善本知孝のブログーOpera-Crasy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる