善本知孝のブログーOpera-Crasy

アクセスカウンタ

zoom RSS 鮫島有美子のCDを久しぶりにきいた

<<   作成日時 : 2018/05/24 09:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

デセイをききかえしているうちに鮫島有美子を聞きたくなった。日本語だからかもしれない。ある時期、沢山の彼女のCDを集めた。日本歌曲選集5枚、「日本の歌」「庭の千草」「五木の子守歌」「からたちの花」「おぼろ月夜」「夜明けの歌」「コスモス」「赤い靴」「翡翠」「ドレミの歌」の計15枚、他にLPが4枚ある。
彼女に魅かれる第一は美声、次は日本語の魅力、更には未知の日本の歌。涙が出ることも屡。つぎ込んCD
総額を思うと、涙もでる。それに演奏会も数回いったっけ。オペラも聞いた。
彼女の魅力の第二は日本語が美しい、正しい発声できけること。彼女以外に数人の日本人の日本歌曲を聞いたが、どれも満足できなかった。 
鮫島の場合聞きたくなったら、CDを再生装置に入れればいい。何も考えずに。それで十分なのだ。デセイの時のようになんの曲かを考える必要はない。これも鮫島有美子ならではの魅力である。クラシック・ファンには存外気づかれていないらしいが。面倒は何もない。
彼女と同時代に生を受けたことに私は感謝する。特にレーザー・デスクにはいっている大阪シンホニーホールでの実況は日本人なら誰も涙を流すのではなかろうか。
「冬の夜」『鐘がなります」「曼殊沙華」「さくら横丁」「山小屋の灯」「初恋」「山小屋の灯」「初恋」忘れな草をあなたに」「ここに幸あり」「桜貝の歌」「リンゴの唄」そして「故郷」
ここにはクラシックの形式感はないが、世界の芸術として誇れるものがある。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鮫島有美子のCDを久しぶりにきいた 善本知孝のブログーOpera-Crasy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる