アクセスカウンタ

善本知孝のブログーOpera-Crasy

プロフィール

ブログ名
善本知孝のブログーOpera-Crasy
ブログ紹介
善本知孝のブログです。オペラの話、クラシック音楽だけでなく、木のはなし、きのこの話が話題の中心で、大学教授時代から、今までの生活記録もとりあげています.人生の終わりが近づいているのを感じる昨今、4歳で始まった喘息と付き合いながら長かった83年とくに東大入学以降を音楽とともに振り返ります。話を本当のことにしたかったので実名を書いたものもおおいですが、これは当人の許可を得ず私の判断で行いました。もし誰かを着けた傷つけたらお許し下さい。
オフィシアル ホームページはこちらにあります。
http://tom-yoshimoto.com/index.html

zoom RSS ブログ 新着記事

タイトル 日 時
デセイのオランピア(ホフマン物語)
この曲はDVDを2枚もっていますが、いずれもオランピア役はデセイです。オランピアはロボットの役です。動作が不自然で、それを特徴とした演技をデセイがコミカルに演じているのが、このオペラの見せ場。原作での演技は単純な人形で、全5幕でなりたち、オランピアは5人の主役の一人に過ぎない(もっているのはLDでホフマンはドミンゴ主役。オランピアはルチア―ナ・セル)1993年に改作されたエルロ演出のDVDでは、私にはオランピアが主役のように思えてなりません。エルロ改作ではデセイの歌は減っていて、コミカル性が十分... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/16 05:29
3自我:クラシック音楽
3自我:クラシック音楽 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/13 04:27
デセイとフローレスの「連隊の娘」
ドニゼッテイの名作。ベルリーニには絶対に書けないと私には思えます。「夢遊病の女」は1831年の作ですが、これは1840年の作。この違いは、セビリアの理髪師(1816年)との時間的距離をしめしているように私にはおもえます。つまり古典派からロマン派への移行を感じさせます。 「夢遊病の女」はコメデイと思いますが、ロマン派というには無理。「連隊の娘」は完全なコメデイです。特にデセイ、フローレスの組合わせでは、コミカルな愉快さが溢れています1970年台、コヴェンドガーデンでの名演出は見ているだけでも洗練... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/05/09 11:08
デセイの「夢遊病の女ーーゾンナ ブーナ」
デセイの「夢遊病の女ーーゾンナ ブーナ」 『夢遊病」はベルリーニ最高の傑作で、大変美しく、ロマン派を、ショパンを先取りしています。 この公演は2010年パリ オペラ座も公演ですから、デセイは40歳に近い年齢ですが、小柄で美人ですから、アップ時の顔の小じわも気になりません。主役がぴったりのデセイは名演です。 私はもっと若い彼女を新宿でみたことがありますが、彼女のコロラトゥーラには圧倒されました。それに2005年に聞いたウイーン国立での「ホフマン物語」も名演だったはずですが記憶が曖昧なのは残念です。彼女だけでできているDVDを持っていま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/26 22:29
フローレスの「ロメオ」
フローレスの「ロメオ」 ウイーン国立オペラ2017のの「ロメオとジュリエット」をフローレスが、ザルツブルグ音楽祭2016の「ファウスト」をぺチャーラが、とグノーを続いてみる機会をえた。グノーの名作を続いて見られるという珍しい機会だったので 感想を述べたくなった。 グノーは19世紀前半(1816〜1893)に生まれ、活躍したロマン派で、前回まで続けたドニゼッティ,ベルリー二と並ぶフランスの作曲家であり、20世紀フランス音楽、ドビュッシーやサンサーンスに強い影響を与えたそうだが、日本ではあまり知られず、通俗音楽家のよう... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/19 10:43
ダムラウ「清教徒プリタ〜ニ」の狂乱の場
「清教徒」の狂乱の場は[ルチア]のそれと並び称される名場面だ。先日有線テレビで2016年のレアル・マドリッドでの公演をみることができた。2002年にマドリッドを訪ねたときにはこの劇場は外から眺められただけで、見掛けは地味立ったが,画像でみると中は堂々たるものだ。 「清教徒」の演出は地味、典型的に古典的。舞台面の演技を天井にずらり並んだ合唱団が補佐する形、これはロッシーニ、ベルリーニ、ドニゼッテイのオペラ再現に今も屡使われる方法のようだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/13 15:48
フローレスの「ウイリアムテル」と「ルチア」(2)
リセウでオペラを見られず、私はこの年になってしまったのは残念だ。 ロッシーニには古典派の余韻が感じられ、ドニゼッテイにはロマンの匂いが出てくる作品で、いずれも3時間余の大作だったから、二つ並べて聞く価値が十分ある真夏の娯楽といえる。フローレスという名人テナーの扱いはフロ-レスの役も前者では時代を代表するような暴動の首謀者でがテルの脇役だし、後者では、時代を代表すロマンだが、ルチアの脇役だった。本格的公演では役不足だが。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/04/05 10:04

続きを見る

トップへ

月別リンク

善本知孝のブログーOpera-Crasy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる