アクセスカウンタ

<<  2018年2月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
フローレスの「ウイリアム・テル」と「ルチア」(1)
有線テレビでここ1週間内にフローレスの公演を二つ見た。数年内の公演で、前者はバルセロナのリセウ劇場、後者はペーザロのロッシーニ劇場アリーナでの公演だった。 「ウイリアム・テル」はベートーヴェンの啓蒙時代を扱い、不正貴族を民衆が弾劾する話、平民のフローレスが貴族との道ならぬ恋に落ちる話で、ロマンチックだが、この公演では革命の記士としての面が強調され、フローレスを公演の主役に仕立てる面の強調が見え見えで。真夏の娯楽の側面が強かった。この「アリーナ」はロッシー二誕生の地に10年前に夏だけの集客目的に... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/24 03:50
自我・連帯(1)(ストーム)と野球
「ストーム」という言葉を憶えてあられる方はもう数少ないだろう。旧制高校はの特殊用語だからだ。1年在学した旧制高校の生活中で、覚えた意味のある自主的教育用語だったように思う。 旧制高校は昭和23年に廃止になった。それは高級官僚が、旧制高校、帝国大学の学歴で高級官僚となり、軍人とともに、日本を破滅に陥れたとアメリカが考えたことに由来する事件のせいだが、旧制高校の教育が全て謝りだったのではない、と私は思う。上記自主的教育など、一部の過ちを除き、優れた教育だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/16 09:50
小さなお家と戦争2(深夜のうめき声)
私の健康とは関係なく、時代は暗闇に向かって走り出していて、昭和11年には2、26事変、昭和12年には支那事変が起こり、昭和16年12月には大東亜戦争に突入してしまいました。父の「小さなお家」は滑り込みセーフで建ったといえましょう。 この時代には建売などはなく、家は自分で建てたものでした。今の建売と違うのは土地は買うのではなく、土地を借りるということでした。つまり借地代がリミットになって家の大きさが決められたのです。私の家もそうでした。親父としては先ず80坪前後の土地に30坪の家を車道から横丁へ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 15:13
少年時代と戦争1 (満州事変)
私は昭和5年(1930)生まれ、少年時代の思い出は戦争の話が中心になります。最初が昭和6年の満州事変。次が昭和12年の支那事変、昭和16年が大東亜戦争(小学6年生)、そして昭和20年が15歳(1945)で太平洋戦争敗戦の年、中学4年です。戦争は大人の仕事ですが、子供にも大きな影響を与えました。決して「楽しい思い出」ではありませんが、それを少しでも多くの人に知ってもらいたかったのです。戦争は人間の性のようで、なかなか避けられません。しかしそこには経験した者でないとわからない側面も多々あります。そ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/13 15:12
自我、アジ、連帯(1)旧制高校用語(ストーム)
「ストーム」という言葉を憶えてあられる方はもう数少ないだろう。旧制高校の特殊用語だからだ。1年在学した旧制高校の生活中で、覚えた意味のある自主的教育用語だったように思う。 全寮性だった宿舎に、ある日突然「ストーム」の掛け声で、上級生が現れ、下級生が座らされる。そして「お前は入試に通って偉いと思っているだろうが、お前は並みの凡人だ。お前には独自の何物もない。自我を確立せよ、」と怒鳴られる。 私はストームをそう理解した。あるいは「お前は偉いと思っているが、自分らしさは何もなく、凡人にすぎない、自... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/09 11:55
休刊の辞
十年以上、週一回の割でブログを書いてきたが、先月(1月)は休んでしまった。それは家内が肺癌にかかり、手術をしたため。多忙で気持ちのゆとりがなかったためである。幸い早期発見で、命に異常はない。今後もブログを続けたいと思う。ご愛読をお願いする。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/09 11:25
少年時代と戦争4(支那事変ー小学校上級生)
(開戦)支那事変は昭和12年7月7日に起きました。当時私は小学2年生でしたが、記憶が少しあります。でも戦争が始まったという実感は薄く、日本軍が悪い中国人を懲らしめるため、日本国土の一部となった満州を守るため、そこから中国本土になだれ込んだという風に教えられました。事変の発端が中国軍のいる盧溝橋で始まったので、盧溝橋事件と当初は呼ばれていたのが、いつか支那事変と呼ばれるようになり、日中戦争といわず、ここでも事変という奇妙な言葉が使われました。戦争という言葉を使わなかったのは海外への影響、特に対米... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 10:37
少年時代と戦争5(中学生の生活)
昭和16年(1941年)12月8日大東亜戦争開始時は小学校6年生(数え11歳)、昭和20年8月15日敗戦時は中学校4年生(数え16歳)、大東亜戦争は3年9ヶ月に及ぶ大戦争でした。 芝中学に入ったときには既に大東亜戦争が始まっていました。1年生は昭和17年。これが中学生の普通 の生活だったかどうか、戦争のない中学生時代を知らないからわかりませんが、当初授業は普通通り行われていました。唯「教練」と言う時間割りが、「体育」の他にあり、ラッコと言うあだ名の先生が「軍人教育入門」のようなことを教えま... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 09:56
少年時代と戦争4(勤労動員)
 成績のない通信簿, (3年生は2学期と3学期に成績は記入されていない、4年生は8,15敗戦から9月末まで短期間授業があったとみなされ、1学期から成績が記入されている) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/02/03 05:25

<<  2018年2月のブログ記事  >> 

トップへ

善本知孝のブログーOpera-Crasy 2018年2月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる