善本知孝のブログーOpera-Crasy

アクセスカウンタ

zoom RSS 喘息発作(40)

<<   作成日時 : 2006/07/20 12:17   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(子供と喘息ー1)子供を育てることは人生をやり返すのと似ている。嬰児の時代は覚えていないが、2歳頃からおぼろげな記憶が体にしみこんこんでいるように感じる。勿論脳での記憶はづっと後で、4歳以後だろう。祖母は3歳のときに死んだと記録にあるが、私は祖母を体に感じている。それは今も残る。脳以外での記憶を信じますか。
結婚をすると、体重が増えるのはよく聞くが、私も同じだった。5キロは増えた。結婚するとホルモンに変化が生まれるのだろうし、ご飯を規則的に食べるのだろう。しかしこれは喘息には影響がなかったようだ。軽くはなっていたが、当時も肩で息をするのは屡だったし、秋が大変いやな季節だったのも確かだから、喘息そのものはあった。
私には子供を育てることの方が喘息に大きな影響があったと思う。人生をやりかえした。2歳違いの二人の男の子を育てた。私は絶えず子供に接していた。私が3歳未満で祖母を体に感じたように、交流が生まれたと信じる。これは神経系への影響を与えたと思う。それが、徐徐に拳闘のボデイ・ブロウのように効いたらいし。息の苦しさはあっても、喘息への不安は減っていった。
この話、信じられるだろうか。私は子供の神経の影響を受けて日々暮らし、それが喘息との共存に有益だったと信じる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喘息発作(40) 善本知孝のブログーOpera-Crasy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる