テーマ:戦争

1戦後;6・3制教育

1945年8月、日本は英米ソ中国との戦争に負け、全面降伏しました。そしてアメリカを中心とした連合国軍隊が9月早々東京など大都市を占領しました。東京の日比谷にはGHQという「総司令部」(指令長官は米軍のマッカーサー)が置かれ、日本の行政機関は彼らの命令に従って動くことになりました。命令とは敗戦国が有無を言わさず戦勝国に従わさせられることで…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

小さなお家と戦争2(深夜のうめき声)

私の健康とは関係なく、時代は暗闇に向かって走り出していて、昭和11年には2、26事変、昭和12年には支那事変が起こり、昭和16年12月には大東亜戦争に突入してしまいました。父の「小さなお家」は滑り込みセーフで建ったといえましょう。 この時代には建売などはなく、家は自分で建てたものでした。今の建売と違うのは土地は買うのではなく、土地を借…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争1 (満州事変)

私は昭和5年(1930)生まれ、少年時代の思い出は戦争の話が中心になります。最初が昭和6年の満州事変。次が昭和12年の支那事変、昭和16年が大東亜戦争(小学6年生)、そして昭和20年が15歳(1945)で太平洋戦争敗戦の年、中学4年です。戦争は大人の仕事ですが、子供にも大きな影響を与えました。決して「楽しい思い出」ではありませんが、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自我、アジ、連帯(1)旧制高校用語(ストーム)

「ストーム」という言葉を憶えてあられる方はもう数少ないだろう。旧制高校の特殊用語だからだ。1年在学した旧制高校の生活中で、覚えた意味のある自主的教育用語だったように思う。 全寮性だった宿舎に、ある日突然「ストーム」の掛け声で、上級生が現れ、下級生が座らされる。そして「お前は入試に通って偉いと思っているだろうが、お前は並みの凡人だ。お前…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争5(中学生の生活)

昭和16年(1941年)12月8日大東亜戦争開始時は小学校6年生(数え11歳)、昭和20年8月15日敗戦時は中学校4年生(数え16歳)、大東亜戦争は3年9ヶ月に及ぶ大戦争でした。 芝中学に入ったときには既に大東亜戦争が始まっていました。1年生は昭和17年。これが中学生の普通 の生活だったかどうか、戦争のない中学生時代を知らないから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争4(勤労動員)

 成績のない通信簿, (3年生は2学期と3学期に成績は記入されていない、4年生は8,15敗戦から9月末まで短期間授業があったとみなされ、1学期から成績が記入されている) 昭和19年(1944)は3年生で,新学期は始まったものの、勉強は中止。 (強制疎開の補助)春は勤労動員ということで、国鉄沿線にある民家を破壊する仕事に狩り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争8(空襲)

1944年6月に米軍はサイパン島に上陸していました.丁度その日、中国の成都から北九州をB29は爆撃したのです。この事実はサイパンからなら日本の本土爆撃も可能だというデモンストレーションになったわけです。 1944年11月24日にはサイパンを基地とするB29の東京初空襲がありました。以後定期便のようにB29はやってきました。被害が余り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年と戦争1(満州事変・ピカピカの1年生)

私は昭和5年の早生まれですから、小学校の入学は昭和11年です、その年の2月26日は入学の検査日で大雪、学校まで行くのが大変だったそうです。 昭和11年2月26日は2,2,6事件の日としても有名で、当時の国の中枢を青年将校が襲って殺害し、死刑になった日、つまり日本の近代史の記念日でもあります。私の小学校時代はこの日にはじまり、昭和12年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争3(大東亜戦争)

昭和16年(1941年)12月8日大東亜戦争開始時小学校6年生(数え11歳)、昭和20年8月15日敗戦は中学校4年生(数え16歳)、大東亜戦争は3年9ヶ月に及ぶ大戦争でした。 芝中学に入ったときには既に大東亜戦争が始まっていました。1年生は昭和17年。これが普通だったかどうか、戦争のない中学生時代を知らないからわかりませんが、授業は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争4(勤労奉仕)

中学の通信簿を見ると、3年生の2学期と3学期には成績が記入されていない、4年生は8,15敗戦で、9月末までの短期間授業があったとみなされ、1学期から成績が記入されている) 次の年昭和19年(1944)は3年生,新学期は始まったものの、勉強は中止。 (強制疎開)1学期は勤労動員ということで、国鉄沿線にある民家を破壊する仕事に狩り出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争4(勤労奉仕)

中学の通信簿を見ると、3年生には2学期と3学期に成績が記入されていない、4年生は8,15敗戦で、9月末までの短期間授業があったとみなされ、1学期から成績が記入されている) 次の年昭和19年(1944)は3年生,新学期は始まったものの、勉強は中止。 1学期は勤労動員ということで、国鉄沿線にある民家を破壊する仕事に狩り出されまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦後の変革2(教育の質と研究)

旧制では高校入試は大学入試をかねていたので、入試はいわば18歳のセレクションで、高等教育に値いする人を選ぶ作業がここで行われたことになります。 つまり当時の大学はエリートだけがいけるところだったので、明治以来、大学は金持ちで頭のいい人だけが入れるところでした。これが日本では大学に対する偏見をうみました。実は戦後を待たずとも昭和15年に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戦後の変革1(教育ー6・3・3制)

(本講演は信濃のパワフル健康食品(株)で2016年10月3日に行われたものです。)     8月、日本は英米ソ中国との戦争に負け、全面降伏をしました。そしてアメリカを中心とした連合国軍隊が9月早々東京など大都市を占領しました。東京の日比谷にはGHQという「総司令部」(指令長官は米軍のマッカーサー)が置かれ、日本の行政機関は彼らの命令に従…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争5(大東亜戦争―空襲・敗戦)

敗戦で天皇に詫びる国民,8月16日 私もその一員だった  1944年6月に米軍はサイパン島に上陸していました.丁度その日、中国の成都から北九州をB29は爆撃したのです。この事実はサイパンからなら日本の本土爆撃も可能だというデモンストレーションになったわけです。 1944年11月24日にはサイパンを基地とするB29の東京初空襲がありま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争4(勤労動員)

              成績のない通信簿(左が3年生、右が4年生、3年生は2学期と3学期に成績は記入されていない、4年生は8,15敗戦で9月末までの短期間授業があったとみなされ、1学期から成績が記入されている) 次の年昭和19年(1944)は3年生,新学期は始まったものの、勉強は中止。 (強制疎開)春は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争3(中学生の生活)

昭和16年(1941年)12月8日大東亜戦争開始時小学校6年生(数え11歳)、昭和20年8月15日敗戦は中学校4年生(数え16歳)、大東亜戦争は3年9ヶ月に及ぶ大戦争でした。 芝中学に入ったときには既に大東亜戦争が始まっていました。1年生は昭和17年。これが普通だったかどうか、戦争のない中学生時代を知らないからわかりませんが、授業は普…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争2(支那事変ー小学校上級生)

(開戦)支那事変は昭和12年7月7日に起きました。当時私は小学2年生でしたから、記憶が少しあります。でも戦争が始まったという実感は薄く、日本軍が悪い中国人を懲らしめるため、日本国土の一部となった満州を守るため、そこから中国本土になだれ込んだという風に教えられました。事変の発端が中国軍のいる盧溝橋で始まったので、盧溝橋事件と当初は呼ばれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

少年時代と戦争1 (満州事変)

                   講演会場(2013年撮影) 私は今85歳、この頃の政治家は60歳台のせいか、簡単に戦争の話をします。「いい戦争はない」と思っている私には気になります。85歳の私の少年時代がずっと戦争だったせいでしょう。そこで「その時の経験を話そう、戦争にいい戦争はないのを伝えよう」と思い立ちました。(今語られてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喘息(71)小さなお家6(復興)

学校に集まれと、どんな経路でいわれたか憶えていない。大体学校は焼けてなくなったのだ。麻布中で暫くお世話になるそうだ、と聞いたのは秋さだかだった。そこは同格の学校で焼けなかったそうだ。学校への途中で見かける家は所謂バラックだった。つまり我が家と違い焼けたので、有り合わせの材料を組んで作った家である。 自分は今何年生かを考える…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喘息(70) 小さなお家5(戦いから敗戦へ)

痛恨の昭和」(岩波)から皇居前で8月16日 昭和20年は空襲ではじまりました。それは突然降ってきたのではなく、当初は数機のB29の来襲でしただけで、爆弾を沢山おとすでもなく、庭に掘ってあった防空壕なるものに空襲の度にはいるなどということもなく布団で寝ていましたが、それでもヒュルヒュルという焼夷弾の音にはいい気持ちではありませんでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喘息69 小さなお家4(中学生時代と学徒動員)

                       入学式1年5組 そんな私は父母の悩みの種だったのでしょう。学校の傍に越したのに、私はいつも家にいました。学年が進むごとに体はわるくなり、5,6年生は欠席ばかり、碑文谷のお家にばかりいました。(5年生は出席180日欠席66日、6年生は出席189日欠席76日)だから中学へ進むのも難しく、父母は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

喘息(68)小さなお家3(戦中閑話休題)

。                  母の若い日 喘息の少年は今思うと不思議です。あんな苦しい日々が続くかと思うとそれをケロット忘れるような日々があるのです。例えば野球を仕込まれたので、高学年になるころにはかなり上手くっていました。それに勉強も出来たから、「ヨッチン・ダルマ」と呼ばれボス的存在になっていたようです。家の前の横町は幅が数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more