テイ-レマンとカイザーの会話(第九)

ベート―エんの中心作品というと第九を上げるのが、普通だろうが、この会話の冒頭は第九がプラスアルファとしている。第一と第二、第三と第四、第五と第六、第七と第八というつり合いの取れた作品が取れた作品が並んでいるから、第九は別の系列にはいると、言うのが、第九の位置づけになる。私はふてたりの説に関心した、第九で彼h新しい世界を開かんとしたのだ。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローエングリン

この作のすぐあと「オランダ人」を書いた。そこでは日頃絵で触れていることによって、実物にであったとき、乙女はk無限の恋におちていた。エルザが育ちが不明のローエングリ―ンの秘密性に耐えられなかのと正反対である。ローエングリン音楽のロマン性でごまかされたといったら言い過ぎだろうか。あの序曲のロマン性がきくものの理性を麻痺させてしまうせいかもし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新年おめでとうございます

新年で当然新しい作曲家の話をして取り上げる筈ですが、今は正月ボケです。ブログの感想をいただきました、づっとブログを読んでくださっている方のメールをいただいたことです。とても嬉しいことです。お会いできる機会もきたいしていますもう週一回を10年続けています。今年は昨日89歳になりました。頑張れる限る頑張ります。どうぞよんでください。話題が今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワグナー(4)ローエングリーン⓶大野一士

この作のすぐあと「オランダ人」を書いた。そこでは日頃絵で触れていることによって、実物にであったとき、乙女はk無限の恋におちていた。エルザが育ちが不明のローエングリ―ンの秘密性に耐えられなかのと正反対である。ローエングリン音楽のロマン性でごまかされたといったら言い過ぎだろうか。あの序曲のロマン性がきくものの理性を麻痺させてしまうせいかもし…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ワグナー(4)ローエングリン①

ワーグナーとローエングリンという組み合わせの悲劇は(相手によって)、ひたすら、「感性」を通じてのみではない。ワーグナーの悲劇はあますところなく受け入れられ、理解されるという試みの挫折ーーーつまり、相手と向き合い、相手を信頼して意思伝達を図り、感性の言葉へ突き進むという試みの挫折の中にのみ見出されるのではない。ワーグナーの悲劇概念は彼およ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワグナー(3)さまよえるオランダ人⓶

大野和士のオペラでの活躍は欧州では知られているが、私は08年にモネ劇場で見る機会がもてた。彼はフランス系と思ったが、その時は「運命の力」で、イタリア。「このオランダ人」をみて予想があたった。煌びやかな音色はワグナーといえども、こういう演奏がいい。特に2幕のダーランドの家の場面での女性合唱は大変魅力的な場面になった。「糸紡ぎの歌」がよかっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワグナー(3)さまよえるオランダ人①ティーレマン:東京

ゼンダという純な乙女の話はこのオペラで3かいみたが、単純すぎてわかりつらい。もっている3種のDVDの内うち、テイーレ-ルマン指揮が2通りあり、どちらもゼンダはわかりづらいるが、そのうち、上野文化会館での公演が全体として抜群に優れたもので、この方がゼンダは理解しやすかった。演出は古典的で普通だが。 「さまよえるオランダ人」は寓話とし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more