善本知孝のブログーOpera-Crasy

アクセスカウンタ

zoom RSS J−Aスタッス林社長との交誼

<<   作成日時 : 2019/01/17 11:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

社長が団地の我が家に度々お見えになるようになったのは知己を得てからそんなに日月をえてからではない。社長の考案されたホーン付きのコンデンサースピーカーシステムの音の良さに私が熱中し、小型の家庭用品の制作をお願いしたからである。数年たって20万円をお支払いしたのを覚えているが。社時長はその音を気に入られ、帰宅時にしばしば、お寄りになり、二人で夕暮れの6畳間で音に耳を傾けた。40男と80男が薄暗い部屋で耳を傾ける。それは十分絵になる。
クラシックだけでなく、林さんが求めたのは私が10枚もコレクトしていた、森山良子のLPだった。あるとき感に堪えるかのようにつぶやかれた言葉をおぼえている。わかりますね」「この装置なら、処女の声だとわかりますね」

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
J−Aスタッス林社長との交誼 善本知孝のブログーOpera-Crasy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる