アクセスカウンタ

<<  2018年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
少年時代と戦争8(空襲)
1944年6月に米軍はサイパン島に上陸していました.丁度その日、中国の成都から北九州をB29は爆撃したのです。この事実はサイパンからなら日本の本土爆撃も可能だというデモンストレーションになったわけです。 1944年11月24日にはサイパンを基地とするB29の東京初空襲がありました。以後定期便のようにB29はやってきました。被害が余り感じられなかったので、それは一種のショウでした。1万メートルを飛ぶB29,そこまで届かない高射砲の玉、偶には日本の戦闘機がそこまで飛んでいき、空中戦をやるのですが... ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/01/23 10:47
少年と戦争2(シナ事変)
支那事変は昭和12年7月7日に起きました。当時私は小学2年生でしたから、記憶が少しあります。でも戦争が始まったという実感は薄く、日本軍が悪い中国人を懲らしめるため、日本国土の一部となった満州を守るため、そこから中国本土になだれ込んだという風に教えられました。事変の発端が中国軍のいる盧溝橋で始まったので、「盧溝橋事件」と当初は呼ばれていましたが、いつか支那事変と呼ばれるようになり、日中戦争といわず、ここでも事変という奇妙な言葉が使われ,支那事変と変りました。戦争という言葉を使わなかったのは海外への... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 10:38
少年と戦争1(満州事変・ピカピカの1年生)
私は昭和5年の早生まれですから、小学校の入学は昭和11年です、その年の2月26日は入学の検査日で大雪、学校まで行くのが大変だったそうです。 昭和11年2月26日は2,2,6事件の日としても有名で、当時の国の中枢を青年将校が襲って殺害し、死刑になった日、つまり日本の近代史の記念日でもあります。私の小学校時代はこの日にはじまり、昭和12年7月7日の中華事変を通って、昭和16年12月8日、大東亜戦争開始を6年生で迎えるというまさに戦争であけくれしました。 だから私の小学校時代をすることは戦争の話を... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 10:38
少年時代と戦争3(大東亜戦争)
昭和16年(1941年)12月8日大東亜戦争開始時小学校6年生(数え11歳)、昭和20年8月15日敗戦は中学校4年生(数え16歳)、大東亜戦争は3年9ヶ月に及ぶ大戦争でした。 芝中学に入ったときには既に大東亜戦争が始まっていました。1年生は昭和17年。これが普通だったかどうか、戦争のない中学生時代を知らないからわかりませんが、授業は普通通り行われていました。唯「教練」と言う時間割りが、「体育」の他にあり、ラッコと言うあだ名の先生が「軍人教育入門」のようなことを教えました。中学2年のときにはそ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 10:37
少年時代と戦争4(勤労奉仕)
中学の通信簿を見ると、3年生の2学期と3学期には成績が記入されていない、4年生は8,15敗戦で、9月末までの短期間授業があったとみなされ、1学期から成績が記入されている) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/23 10:36
少年時代と戦争4(勤労奉仕)
中学の通信簿を見ると、3年生には2学期と3学期に成績が記入されていない、4年生は8,15敗戦で、9月末までの短期間授業があったとみなされ、1学期から成績が記入されている) ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/19 10:59
ワグナー12 クンドリとセックス
クンドリーは魔女です。 ワグナーの考えによれば、種族本能によって惹き起こされた人類の没落防止には、新しい倫理感を打ちたてることが是非とも必要だということです。しかしながら、ワグナーの文化批判のやり口は、1880年台のニーチェの著作の中に鋭く言及されているように、市民道徳の傷口に突き刺さったのではなく、とりも直さずそれは自分に施した養生であった。ワグナーは友人の妻を奪うというような、自身の繰り返した婚姻にあらわれていますーーー この楽劇の中心がセックスなのもそれを暗示しています。 セックスの... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/12 09:49
ワグナー11;パルシファルとアムフォルタスとクンドリ
この不可解なオペラに再挑戦します. 主人公はパルシファルかと思っていましたが、解説によると彼は無垢な若者となっていて、白鳥を射落とした青年と紹介されていてそても主人公とはなりそうにありません。彼が知っているのは母の名がへツエライデということだけ。この楽劇で最も名がでてくるのはグルネマンツ、彼は主役に相応しく、登場は目立つ老騎士。でも筋を追っていると、頻繁に登場するのは劇で引き回し役のせいで、筋の本質での役割の意味はうすい。 アンフォルタス王の方の役割が重いのがドラマが進むにつれてはっきり... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2018/01/10 10:23

<<  2018年1月のブログ記事  >> 

トップへ

善本知孝のブログーOpera-Crasy 2018年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる