善本知孝のブログーOpera-Crasy

アクセスカウンタ

zoom RSS 東京の回顧と現況(4)若者の街

<<   作成日時 : 2017/11/27 06:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

7)若者の街
ここ10年、奇妙な街が東京に」現れるようになりました。大人の街とは違う若者だけが集う街です。最初は原宿駅の周辺に出現しました。もともとは明治神宮の入り口に発展した小さな街でしたが、傍に旧軍隊の代々木練兵場があり、われわれ若者が若い時代,軍事訓練をした場所でしたが、その広場と小ジャレタ街に奇妙な集団だけが現れ、小都市の観を呈するまでになりました。傍には渋谷という大きな街があったのに、隣に洗練されない街が出来たのは不思議でした。それは主に山手線がとしては中心部とは離れていますが、暫く立って山の手線の中心に近い秋葉原のごちゃごちゃしたところに若者が集まりだしました。ここは戦後電気街として、米軍の廃棄電機商品を売っている街として有名でしたが、小さな飲食店が散在するようにそれが若者を惹いたようです。自動車で一人の若者がその市街地に突っ込み、殺人を犯す事件さえ起きました。若者の街からはみ出した、若者の仕業と考えられ、仲間はずれで鬱屈した若者の、心の表現と考え、私は考えていい私は思いました。
それぞれの繁栄をこう理解します。
(秋葉原)ここは電気街で、戦後米軍放出の電気部品を買うため人が集まった街に過ぎない、狭い領域です。このごちゃごちゃが若者の人気を呼んでいるのは、現状の渋谷の人気に似ています。
(原宿)秋葉原以前にここは若者の街として奇妙な発展をとげました。その頃私は若くはありませんでしたから、田舎ものの東京への憧れと考える,いがい、人気の理由がわかりませでした。

近ごろ若者の声は拡大し、東京にもっと広がっているようです。一例は渋谷の発展です。元来渋谷は山の手の大人の街で、東急デパートが中心で、土地柄大きな場所が少なく、狭い路地の集積でした。周辺には前記練兵場があるくらいです。その狭い道が若者を惹きつけたのでしょう。NHKもあり、西武、パルコ、東急などの小洒落たデパートが集まり、元は高級商店の集積していた町ですから、高級な商品があった筈です。そこに金のない若者が集まったのでは店はなりたちません。地元商店は街の雰囲気を変える努力を始めているようです。
これが今行われている渋谷の大改造の遠因になっているのは確かです。

8)大学と専門学校
東京に大学が多いのはよく知られています。東京六大学、東都六大学のほか、最近出来た大学は無数といえます。無視できないのは高等学校卒業後に2ー4年在学する専門学校です。これは大学と違い、学習過程に文部省の干渉がないので、専門性が強調でき、例えば、アニメ、動画。演劇、アナウンスなどだけが勉強でき、専門性が増すことです。地方の学校はこのように多様な学校が作れませんか、特殊な学校が東京に集まり、東京を若者の街にするのに寄与していると思います。
⑷半世紀前、大学は都心だけでは教室が狭くなり、有名校は東京市街、他府県にまで、教育施設を作らざるをえなくなりました。ところがこれが若者の趣味に合わず、郊外の施設には学生が集まらず、定員不足になり、近年は在来あった中心地の建て物、例えばお茶の水の校舎を高層ビルとし、教室が地方からそこへ移動する羽目になっています。山の手線外に学校を、という中曽根内閣の政策は見事に失敗、東大が本郷、駒場に分散しているのを1か所に集めて、立川へという圧力が我々が、それに耐えた東大は見事に成功したことになりました。
最近、文部省は大学の定員を固定し、増員を認めないという奉律を作ったそうです。東京の過密を抑えるためだそうです。専門学校には手をつけられませんから、この政策は失敗するでしょう。若者が群れる性質には手がついていないからです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東京の回顧と現況(4)若者の街 善本知孝のブログーOpera-Crasy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる