善本知孝のブログーOpera-Crasy

アクセスカウンタ

zoom RSS ワグナー5・指輪2ー第一夜「ワルキューレ」

<<   作成日時 : 2017/11/20 10:13   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像
第三の長大化の原因は火に囲まれた女性との結婚です。「ジーグフリートの死」の原作となった「伝説」をワグナーはオペラ「ジーグフリードの死」では、殆どそのまま使っています。手をいれた最大の事項は彼がブリュンヒルデと事実上結婚していたことです。「神々の黄昏」の序曲としての火に囲まれた女性を助けだした男性の話です。「楽劇」で初めてあらわれますが、これは事実上の同棲、今様結婚をさしているのでしょうから。オペラ「ジーグフリートの死」の筋は根本的に変えなければなりません。「女の焼き餅」レベルの話ではなくなります。二人の関係に立ち入らなければ話の筋が出来ません。「ニーベルングの指輪」では鳥の声を理解できるようになったジーグフリードが「火に囲まれた女性」の噂を知るという筋立てになっていますが、そこでは鳥の声を理解できるようになるまで、彼がミーメにきたえられるとの筋立てが必要です。ブリュンヒルデとの結婚するにはジーグフリートに神性を与えたせいです

ブリュンヒルデは「伝説」では、人間ですが、ワグナーのオペラでは、ボータンと女神エルダとの間に生まれた神に近い人間です。正しくいうと神格を奪われたワルキューレです。ワルキューレとの結婚は第二夜{ ジーグフリート」でおこなわれますから、話は楽劇第一夜「ワルキューレ」で起こることになります。そこではジーグフリートに特異な性格を与えなければなりません。先に触れた兄妹の結婚です。第一夜「ワルキューレ」の殆どすべてがこの話題につかわれています。英雄ジーグフリードの生い立ちの秘密です。ここはおとぎ話的で、全体の中で、異質ですが、話を面白くしているのは確かですが、ジーグフリートの資質には関係があっても、彼の責任とは関係がないからで、ジーグフリートの生死とは無関係です。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワグナー5・指輪2ー第一夜「ワルキューレ」 善本知孝のブログーOpera-Crasy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる