善本知孝のブログーOpera-Crasy

アクセスカウンタ

zoom RSS 喘息発作(64)5年間に三度目の肺炎

<<   作成日時 : 2014/06/15 06:38   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

私が第一回目の肺炎を起こしたのは平成19年{2007年}4月、風邪が原因でしょうか、
体調不良ということで、複十字病院の主治医のところへ、定期診療以外のときに夕刻伺い、即刻入院を宣告されました。
第二回は昨年平成25年(2013年)12月お客と面談中、喉に栗羊羹の破片を詰まらせ、酷くむせ、その後37,5度が3日続き、4日目に複十字へ緊急診断に行き、肺炎と宣告され入院しました。第三回は今年平成26年{2014年}6月、入院。昼間は散歩をする程度元気だったのですが、夜8時頃から悪寒がし、38,8度発熱したので、深夜複十字病院へタクシーで行き、肺炎と当直医に告げられ、入院となりました。
入院期間はいずれも10日前後、第2回だけ孫が大阪からくるので1週間で退院しました。

長年の喘息のなれの果てということでしょうが、好ましいことではありません。私は現在も喘息で、身障者手帳をもっていますが、それによると「肺気腫による・慢性気管支喘息による・呼吸着機能障害{3級}」{平成19年5月}で、歩行時毎分3Lの酸素吸収をボンベからするのを義務づけられています。
今も喘息ですが、その延長で起こした肺気腫がいろいろなトラブルの原因です。肺の一部が崩れ、役割を果たさないので、心臓に送る血液の酸素含量が不足し、心不全を起こしていまったのが第1回の肺炎時にあきらかになりました。今酸素タンクから酸素補給を受けながら、生きているのはその所為で息が苦しいからではありません。

それにしても第3回の肺炎は未だ原因不明です。健康状態が良かったのに夜8時突然寒気がし、発熱したのです。この時点で肺炎菌が侵入、繁殖したのは確かですが、通常の感染経路と違います。担当医の話だと、菌が血管に入るとこんなことが起きた例を読んだ記憶があるそうです。このまま死に至る可能性もあったそうで幸運だそうです。
今回のようなことは偶然起きたのか、私には対策不可能ということになります。
この他
2009年{平成21年4月}に脳梗塞にかかり、目下左足が不十分です。肺とは関係ないものの生活は大変不便で、昨年度は介護度1の認定をうけました。
こんなにしてまで今の医療・福祉制度は私の死をのばしてくれます。感謝あるのみです。この間私の社会への貢献はブログを書くだけですが。
同時にその経費を削減し軍事費に使おうとする単細胞な首相の思考に抗議します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時

こんばんは はじめまして

複十字病院 喘息でネット検索していましたら こちらのブログに辿り着きました

私も喘息あります

複十字病院で喘息を診てもらおうか悩んでいます

どんな医師でも急な喘息発作や肺炎になった時に、予約診察でないときにも診てもらえて、
点滴はしてくれるのでしょうか?

私は複十字病院に、かかっていないのですが以前 喘息発作の時には電話しましたら深夜に診てもらえなかったです

教えていただけたら助かります

どうぞ宜しくお願い致します

私も喘息があり、肺炎になりやすいです

お身体ご自愛なさってくださいね
まゆ
2015/04/30 18:14
こんにちは

以前にコメントさせていただきました まゆと申します

私も複十字病院に喘息と気管支拡張症で通院することになりました

こちらのブログを読んで決めました

どうもありがとうございました(^^ゞ

最近では喘息発作で朝に病院に電話しまして急患でステロイド点滴していただきました

私は毎週金曜日に通院しています

今日も、これから複十字病院に行きます(^^ゞ

暑さが厳しいのでお身体ご自愛ください
まゆ
2015/08/07 13:11

コメントする help

ニックネーム
本 文
喘息発作(64)5年間に三度目の肺炎 善本知孝のブログーOpera-Crasy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる