善本知孝のブログーOpera-Crasy

アクセスカウンタ

zoom RSS 喘息発作(26)」

<<   作成日時 : 2006/06/16 20:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

(入試と戦争と喘息)株で損をする、株を持つ人の条件は同じ、違えばインサイダー取引になるけれど、それは運というものと諦められます。戦争中はみんな同じ過ごし方だったら、戦後の混乱を乗り切れたり、乗り切れなかったり、結果は違っても運だったと諦められます。ところが戦争中は二つの過ごし方があった。動員で工場にいたか、軍人になるため、予備学校に行ったかです。これで戦後の運命が変わってしまった。軍人候補は勉強をしていたけど、工場勤務は何にもしなかった。だから8月15日に始まった戦後はハンデがあった。軍人組が有利だった。もっと上の年代の人は軍人組みが戦争で死んだけど、我々昭和一桁は違っていた。
4年の終わりには入試があった。当時は中学4年で旧制高校に受験できたのです。
私は喘息の身で工場組みのハンデを負って軍人組と戦ったけれど、負けた。次の年も負けた。1年余の勉強の有無はその後数年ハンデとなって我々の上に重くのしかかったと思います。俺は「ゾル」なんというドイツ語の軍人の意味の言葉が日常使われました。
この年齢になると、小児喘息などとは言えなくなります。自分が他人と違って何故苦しまねばならないのか、という疑問も生まれます。生きていることさえ疑問になります。だからこの年代まで子供の喘息が治らないと、親は今までとは違った苦労を抱えることになります。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
喘息発作(26)」 善本知孝のブログーOpera-Crasy/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる